ミスターK

業界初と言われる撮影現場のニコ生中継を担当したのがミスターK

8.12.mp4_000122486

脚本家志望(修行中)の27歳
ミスターKと名乗り中継を始めたが、電波状況の悪さから中継画像が乱れることが多く、結果として電波状況の良い屋外などで撮影には関係ない話もすることに
序盤、中継を見ていた多くのユーザーが父兄もしくは父兄に順ずる人だったため、飯田來麗さんに関するコメントが大量だったが、うまく話をそらしながらキャストを紹介することに成功
本人はアイドルに詳しかったことも中継担当に抜擢された理由と話していたが、なぜか2chに中の人の名前が流出してしまい、一部の視聴者には早々に正体(古参であること)がばれてしまう

当初、視聴者は可愛いキャストさんたちが見られればよかったのだが、ミスターKの撮影現場のあれこれを伝えたいという情熱が伝わり、なぜかミスターKを生暖かく応援する雰囲気に
視聴者からの専門的な質問に頑張って答えようとするが、それが空回りし現場スタッフから怒られる事件発生
またミスターKが配信をお休みし、代わりに配信を担当したミスターX回が神回になるなど、様々な逆境を乗り越えいつの間にか配信パーソナリティーとして成長していくKを見守る番組に変化していた

視聴者にいじられることを許容し、へたれながらも配信を続けるKに感情移入しやすかったのか、終盤は毎日見ている視聴者にはスタッフとして撮影に参加し、キャストを見守っている雰囲気がうまれ、各キャストが徐々に撮影終了していく中、配信終了日に謎の感動が生まれた

CN31MlaUcAAU20F
配信中に機材がフリーズすることもしばしば、写真はタブレットの再起動を待つミスターK

CPlpZkgUEAAi46I
最終回はなぜか謎のYマスクで登場したミスターK
マスクのままご近所に出てしまい、スタッフにあやしいと注意される特典付き

CR9ByvSUAAASpVH
恥ずかしがり屋のKに代わり、キャストへの接近撮影&インタビューをしてくれた樹里姉、真下カメラを期待するコメントが定番化した